出会い系サイトを使って、実際に女性と会いセックス&撮影をしている体験談ブログです。SNS、掲示板、出会いカフェをやっている人はこの方法を参考にしてください

出会い系リアル体験談~ハメ撮り体験~

PCMAX体験談

初デートは気楽な昼間の買い物がオススメ!!

投稿日:2017年1月20日 更新日:

私が使用したサイト名は「PCMAX」でした。

 

使ったのは転職してから1年ほど経って、時間的にも精神的にも余裕ができたころでした。

 

前職は塾講師でしたが、保護者対応や内部での軋轢などもあって、ずいぶんと追い込まれてしまっていて、恋愛だの結婚だのなんて考えている余裕がなかったんです。

 

これまでもあちこち出会い系サイトや婚活サイトを利用してきましたが、ほとんどのところは「男性は有料、女性は無料」で、本当に出会いたいわけでなくても登録できるし、出会えなくても損はない。

 

そんな気持ちの女性が多いような気がしていたからです。

使ってみた第一印象は、とにかくプロフィールだけでも何十項目もあって大変、というもの。

 

書けども書けどもなかなかすべての項目が埋まらなくて、自分なりに納得できるプロフィールを作るだけで数日かかりました。

 

でも、それだけに、しっかりしたプロフィールになったのではないかと思っています。

本格的に動き始めてからは、とにかく一日一人、「この人いいな♪」と思える人をじっくり探して、メールを書き続けました。

 

メールをするときに気を付けていたことは「必ず相手のプロフィールや写真から話題を作ること」。

 

「いいな♪」と思ったことについて、自分なりに話を拡げて書く。

 

あと、言いっ放しにしては相手も「へぇ~」で終わってしまうでしょうから、必ず最後は質問を添えて文章にしていました。

 

一人相手にだいたい2~300文字。

 

一日に何人も「この人いいな♪」がいても、送るのは一人に絞りました。

 

その結果、返信はだいたい10人に1人。

 

多分、他のサイトに比べたらMatch.comの返信率は、群を抜いて高いのではないでしょうか?女性もちゃんと探している、という証拠だと思いました。

 

返信が来れば「返信ありがとうございます!」から始まるメールを送り返して……を繰り返し、実際に交際・結婚につながる女性と出会うまでに半年ほどかかりました。

 

そこまでに支払った費用はだいたい15,000円程度でしょうか。

 

私が出会えた女性は近隣の市に住んでいる人で、年齢は半年私の方が年上(学年は同じ)でした。

 

相手の職業はオペレーターで契約社員。

 

私は教育関連の会社に勤めていることもあって、「オペレーターって何?」という感じだったので、正直なところ困りました。

 

仕事の話で盛り上がれるかどうか……。

やっぱり、男性は仕事の話をしたいし、仕事のことでほめてもらえたら嬉しいんです。

 

 

でも、それ以上に魅力を感じたのが、彼女がハンドメイドで様々な小物を作って写真を上げていたこと。またプロフィールにも「物づくりが好き」と書かれていました。

 

私も昔から、DIYが好きで、趣味で弾いているエレキベースのラックを作ったりして、写真を上げていました。

 

それもあって、二人ではじめに盛り上がった話題は「鉛筆の削り方」についてでした。

 

お互いにカッターナイフで鉛筆を削ってサイト内に写真を上げて競い合ってみたり……、負けましたが。

 
結局、オペレーターがどんな仕事なのかは、実際にお付き合いし始めるまで聞きませんでした。

一度会ってみようと思ったのは、Match.com内で1ヶ月ほどお話ししてからでした。

 

私が冬物のコートを買いたくなり、それに付き合ってほしいと持ちかけたらオッケーが出ました。もちろん買い物ですから、時間帯は昼間。

 

でもそれが良かったみたいです。

 

私の側も「デート」ではなく「買い物」ですから、気がラクでした。

 

そして実際に会ったのは、県内の大型ショッピングモール。

 

私が普段出かけるときは、セーターとジーンズにモッズコートという、大してオシャレでない方なので、「普段着で来てください」とお願いしていましたが、彼女はニットワンピにレギンスというシンプルな服装で来てくれました。

 

髪もアイロンでカールさせただけで、シンプルな感じ。それがむしろ魅力的でした。

結局、たくさんのお店があったものの、欲しいコートが見つからず、代わりにスリッポンを1足買って、あとは喫茶店でお互いが持ち寄った手削りの鉛筆を見せ合って、その日は終了。

 

2時間ほどのデート?でした。

 

その日のうちにお礼のメールを書いて、その後も毎日ラインで話をして、次に会ったのは郊外のイルミネーションスポット。

 

前に会った時に彼女がイルミネーションを見るのが好き、とのことだったので、今度は彼女の要望に合わせた形です。

 

ただ、イルミネーションはどうしても夜でなければならないので、夕方に会ってから近くで夕食を食べて、その後イルミネーションを見るというスケジュールにしました。

 

告白はメインになっている通りの大きな木の下。しかも「どうしよう、付き合ってみる?」程度の軽い感じでした。まだ2回しか会っていないし、デートらしいデートはむしろ初めて。なぜ、そんなタイミングだったのかといえば、前の日のメールで「付き合ってみないと分からないこともあるよね~」という話をしていたからです。でも、あっさりオッケーでした。

今、その彼女は、お嫁さんとして私と一緒に暮らしています。

入籍後に振り返って話したところによると、初めてのデートが昼間の買い物で、2時間くらいだったことが一番良かったそうです。これが夜だったり、お酒が入ることがあったりしたら、「カラダ目的かも……」とたぶん警戒したんだそうです。
何も意図はなかったんですが、確かに「買い物」のために「昼間の2時間」くらい「友達に会ってくる」のであれば、女性としても気がラクだったんでしょうね。

スポンサード リンク

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

スポンサード リンク

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

-PCMAX体験談

Copyright© 出会い系リアル体験談~ハメ撮り体験~ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.